Umobile(ユーモバイル)の実際の評判や口コミまとめ

Umobileの評判

Umobileの魅力といえば、LTEを通信や容量の制限を気にせずに利用できるプランにあるといえます。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、他の携帯会社では考えられないサービスです。通信量を重視した場合は他社から乗り換えれば、毎月のスマホ代を減らすことが出来るかもしれませんね。

通話プラス限定、毎月400~600ポイントバック!

特典として、U-NEXTポイントが毎月付きます。U-NEXTポイントが毎月加算される嬉しいメリットがあります。LTE使い放題2プランだけ毎月400ポイントの還元ですが、他のプランは毎月600ポイント還元されます。U-NEXT内においては、およそ300円(300ポイント)で動画が1つ見ることが出来るので、月600ポイントであれば動画2つ程度が無料で見ることが出来ます。U-NEXTは国内外問わず、映画やドラマ、アニメやバラエティーなど様々なジャンルを取り扱っています。月額3,000円以下の料金で400~600ポイントもらえるのは、メリットが大きく、とても嬉しいサービスです。

Umobile料金と解約

Umobileの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。今使ってる携帯料金と比べながら、通信料金がどれだけ安く抑えることができるのか、比較しながら読んでいただきたいです。 月額プランの詳細を見てみましょう。

ユーモバイルの料金プラン・初期費用

Umobileの月額費用は、SIMにはデータ通信用と音声通話ができるものの2種類があります。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

音声通話SIMのLTE使い放題2プランは、12ヶ月の最低利用期間が設定される代わりに、その代わりに毎月の料金がLTE使い放題プランと比べると、1月のスマホ月額料金が250円お得になる料金プランです。

Umobileの契約縛りについて

Umobileの解約制限と解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。それに対して通話SIMでは6カ月間の縛り期間が定められています。もし都合により6ヶ月経たないうちに解約すると、違約金として6,000円が必要になりますのでご留意ください。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、7ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

LTE使い放題2プランの契約縛り

LTE使い放題2プランは、Umobileの中でも、特殊な、解約制限を設けています。契約から解約まで6ヶ月以内を切る場合には、違約金が発生し9,500円の支払いが必要となります。さらに、それ以後、12ヶ月目までに解約をすると、3,500円の違約金がかかます。またプランを変更した時も手数料が生じる事になります。利用スタート月から11ヶ月以内にプラン変更の手続きを行った場合は、3,500円を支払う事になるのです。以上の様に、他プランとは異なるケースが発生するので念頭に入れておく必要があります。以上のような制限がありますが、月々の費用が250円安くなるメリットもあるので、利用期間が1年以上になる方であれば、通信料を気にせず格安のLTE使い放題2プランは相当のお勧めプランです。

Umobileのチェックポイント

各社が提供している格安スマホサービスのMVNO、その中でも注目を集めているサービスの一つがUmobileですが、サービスを運営しているのは、動画配信等における大手企業U-NEXTが取り扱っているサービスです。2015年に東証一部上場もした、近年着実に成長を遂げている会社で、一部上場企業として企業の信頼性も高めたため、ベンチャー企業でまだ実績や知名度は低いですが、MVNOの中でも人気は高まっています。Umobileの特筆されるべき点は、高速データ通信に制限がないところです。MVNOですのでもちろん料金も格安なUmobileのLTE使い放題プラン、要チェックですね。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、Umobileの魅力をぐっと凝縮しました。最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoの基地局を利用した格安SIM

U-NEXTの格安スマホサービス「Umobile」は国内最大手のdocomoの通信回線網を利用してそのサービスを提供しています。その結果、通信品質はご安心いただくことができ、サービスエリアの広さやつながりやすさもドコモと同じで、安心感があります。対応している機種は、docomoのスマホであるならばその大半がUmobileでも使用可能です。UmobileではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。また、docomoのスマホを引き続きご利用いただく場合には、SIMカードのみの契約でOKですので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。言うなればUmobileはdocomoが積み重ねてきた信頼の品質をそのまま継承した「格安」のスマホサービスなのです。

LTE無制限!

Umobileは、LTE使い放題プランという珍しいプランがあり、多くの競合他社が実現できていないプランのため、そこがUmobileのおすすめポイントとなっています。通信量を気にせずにLTEの高速通信を使用したい人には、通信速度の制限を気にすることなくずっと使えるので、この使い放題のプランはおすすめのプランです。月々たった2,730円を支払えばLTE使い放題になる良心的な料金設定も嬉しいです。大手のキャリアを使っている方は、この3000円という金額がどれだけ安いか、今お使いのスマホ料金と比較していただくと、すぐにお分かりになるでしょう。通信量を気にしているスマホユーザーにとっては、このサービスは強い味方ではないでしょうか。利用料金を気にしながら、LTEを使う人は是非検討してみてはいかがでしょうか?Umobile公式サイトには料金プランや利用までの流れが記載されているので、興味をお持ちの方はご覧になって下さい。

ネットで即日MNPが可能

2015年11月からUmobileは即日MNPに対応することで、よりスムーズに転入手続きを行えるようになりました。MNP届け出方式を使っているUmobileでは、簡単な手続きをホームページでするだけで、申し込みからSIMカード到着までの不通期間もなくMNPが可能となりました。即日MNPを利用したい場合には、今までは店頭まで行く必要がありましたが、店頭に出向くことなくいつでもどこでも即日MNPが出来るようになったのです。MNPへの切り替え時に携帯が使えなくなってしまう期間があることで、乗り換えに当たって二の足を踏んでいた方々でも、安心できるサービスと言えます。SIMカードを入手してからすることは、Umobileの会員向けページで回線切替用のボタンを押すことだけです。これならよりスピーディにMNPの手続きが行えるため、格安スマホへ切り替えるユーザがいっそう増えることになりそうですね。

Umobileの通信速度について

多くのMVNOの中でのUモバイルの特徴としては、262.5Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。

Umobileでの72時間制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、誰もが同じように使用できるよう、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、200Kbpsの速度規制が行われます。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。Umobile公式サイトを確認しましたが、規定通信量の明記はありませんでした。

今月開催中の限定キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)