徹底解剖!楽天モバイルの料金や速度などのぶっちゃけ話し

楽天モバイルの月額費用と解約

楽天モバイルの料金や初めにかかる手数料についての紹介です。あなたが現在お使いのスマホの料金と比較したら、月々の携帯代がどのくらい安くできるか参考にして頂ければと思います。さて、楽天モバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

料金プラン

楽天モバイルの月額費用は、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。通話SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、このプラン意外は、LTEの高速回線という262.5Mbpsの利用となります。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

楽天モバイルの最低利用期間

解約制限と解約違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。解約手数料は解約時期に関係なく、無料ですので心配いりません。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、9.800円の解約手数料が必要になります。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

楽天格安スマホの特色まとめ

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、電波の強さ、通話エリアなどの質の良さもdocomoと一緒ですので安心してご利用できます。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。という背景から、楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、話題の楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線の激安なスマホ

通信費用がお得なことで有名な楽天モバイルですが、その特長はNTTドコモの回線を使っているところにあります。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、広範なエリアで使える上、つながらないことが少ないという安心感があります。ドコモのスマホならほとんどの機種がそのまま使えます。SIMフリーのスマホがセットになったプランもあります。すでにdocomoのスマホをお持ちなら、SIMカードのみのプランを契約すれば、新たに本体を購入する必要も無いので経済的です。通話品質もサービスエリアもあのドコモと変わらないのにこんなに安いなんて、ちょっと信じられないくらいお得なサービスです。

セット販売の格安スマホが豊富!

ご利用になっているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない本体の場合は、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルで取り扱っているスマートフォンは、迷ってしまうほど種類が豊富で、他MVNOと比較して選択肢が多いのが特徴です。スマートフォンよりも大きな画面をご希望の方のために、タブレットも豊富な種類を取り揃えています。ただ、そんな素晴らしい楽天モバイルですが、それは、分割で支払うときは楽天カードでしか支払えないということです。楽天カードを未所有の場合、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。ただ、機種の多さはMVNOの中でもNo.1です。

データ通信量の翌月繰り越しにも対応

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、
容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。楽天モバイルでは、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越素ことが出来ないMVNOもあるので、翌月繰越しが対応可能な楽天モバイルは大変魅力的だといえます。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

通話料がお得になる、楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」アプリを利用すると通話料が半額になり毎月のスマホ代がお得になります。これは、IP電話とは異なり、プレフィックス型通話というもので、自分の電話番号が相手側にお知らせされます。そのため、通知される電話番号は普段通りの番号が通知されるのです。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話の多くは、非通知発信しか出来なかったり050番号が相手先に通知されたりと、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。楽天でんわで使用した通話料金においても、楽天ポイントとして加算されるのでとてもお得になっています。

5分かけ放題オプション

携帯会社と言えば思い当たるのがAUやソフトバンクやDOCOMOなどですが、この3つの会社はカケホーダイのサービスがありますが、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。MVNOは格安なのが売りです。しかし、電話使用が多いから料金がかかるのではないか、という不安のある方もいます。ですが、安心のサービスが始まりました。楽天モバイルは月額850円で、さらに一度の通話が5分以内であれば何回でも無料であるというオプションも登場したのです。この「5分かけ放題オプション」で使用しているのは一般的な電話回線であるため、通話相手に発信元の電話番号を通知できるのは楽天電話と変わりませんし 、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。楽天でんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、月に一時間近い通話をしている方にはとても良いオプションですね。

最初のひと月は料金が無料に!

新規に楽天モバイルで格安スマホや格安SIMの契約をすると、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。最初の一月というのは、SIMカードやスマートフォンの本体が契約者の元に届いた月です。スマホ端末やSIMカードが1日に到着したとすれば、その1ヶ月は丸々タダで使えるというワケです。しかし、今現在利用しているスマホを解約するには手数料などの事も考えなければならないので、ケースバイケースということになり、必ずしも月初めが狙い目ともいえないのです。解約や乗り換えの時期は慎重にどうぞ。”

回線速度に関して

楽天モバイルの通信サービスは、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。速度に関しては、利用する回線はdocomoが使っているものと同じ回線なので、安定した通信状態を保つことができます。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルのとても良いメリットになりますね。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

楽天モバイルの速度制御

MVNOすべてで共通ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されました。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、通信の速度にリミットがかかっていました。この3日制限がなくなったのは、大きな話題となりましたね。楽天の格安SIMにおいては、重いファイルをダウンロードしたとしても、3日制限の心配をする必要はもうありませんよ。72時間制限廃止の恩恵は大きいです。

締切間近のキャンペーン!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)