徹底分析!格安スマホmineo(マイネオ)の料金や速度など

mineo月額プラン

mineoの料金プランや速度について、解説していきます。今使っている携帯電話やスマホの月々の料金と比べて、mineoを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。これから、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの料金プランと初期費用

mineoの料金は、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの2年縛りは?

mineoの解約制限と解約手数料について、説明していきます。mineoはMVNOの中では特殊で、〇年間は契約してくださいといったことは言われず、解約しても違約金の発生がありません。違約金について心配することなく格安スマホや格安SIMを試用できるという点で、MVNOのサービスとしては優秀なサービスだと言えます。しかし1年以内でMNP転出してしまうと手数料が12420円掛かってしまいます。音声通話SIMをご利用の方は、この点を良く考えて契約していただければと思います。

mineoの特色

キャリアをdocomoかauのどちらを使用するか選べるのがmineoの特徴です。キャリアから乗り換えることで、毎月のスマホ代を大幅にカットできる魅力的なサービスなのです。mineoの格安スマホサービスは月々1,310円という驚きの安さ。この価格で使えるのはmineoだけ。人気が高いのもなるほどうなずけます。国内で初となるマルチキャリアMVNOのmineoは、ドコモとauのそれぞれの回線プランが用意されているMVNOとして知られています。大手キャリアと提携ということは、通話品質も通話エリアもこれらdocomo、AUと一緒なので更に安心ということですね。早速、mineoの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、mineoの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoとAUエリア対応の激安なスマホ

mineoは他のMVNOと異なり、マルチキャリアに対応していて、ドコモかauのどちらかの回線を選ぶことができます。通話の品質もauとdocomoと同等なもので、電波の届く広さも完全に同じです。スマホがAUもしくはdocomoであれば、継続して使えるケースが多いので、スマートフォン本体を買い換えることなく格安スマホに乗り換え可能です。新たに高いスマホ本体を買い換えずに、乗り換えができるのはいいですよね。mimoで販売されている格安スマを新しく購入するすることもできます。安定して高品質なキャリア回線ををお得に使うことが出来ますし、docomoの回線を使うプランにするか、auの回線を使うプランにするか、好きな方を自由に契約することができます。docomoかAUの回線のどちらかを使うかによっては、料金に差異があるので検討の際は確認しておく事が必要です。

VoLTE(ボルテ)プランがある

mineoの注目ポイントはVoLTE対応プランを用意していることです。VoLTEは、今までの音声通話に比べて音質がかなりよくなっており、 最新の通話方式のことを言います。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz~7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。よって、従来品よりもかなり高音質な音声で通話が可能になった事に成ります。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

容量繰越しも可能

なお、mineoは、余った通信量を翌月に繰り越すことも出来、毎月使用するデータ量にけっこうばらつきがあるという人でも、容量を気にせずに利用できるのは、とっても大きなポイントです。

mineoスイッチで通信量を抑える!

mineoには、mineoスイッチというものが備えられ、通信速度が高速と低速のどちらでも切り替え可能です。接続状況によっては、つい無駄にしがちなデータ容量をスマートにコントロールできますので、非常に便利な機能と言えますね。Wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせてうまく利用する事によって、更に低額なプランでも十分に活用できると思います。スマホの代金を安くしたい方の頼りがいのある相棒になるでしょう。

回線速度

mineoの速度についてご紹介いたします。mineoのドコモ回線を使うDプランはドコモと同じあの高速な最大225MbpsLTE回線ですし、Aプランにおいても、AU回線の225MbpsのLTE回線を用意しています。mineoの速度についてはレビュー記事を読む限り、回線が混雑するお昼や夜の時間帯は、キャリア契約の回線が圧倒的な速度を誇ります。常時、安定して速い通信速度がほしいという方には、キャリアで契約する方が無難な選択です。しかし、一月あたりの料金は断然安いので、どう考えてもこうしたmineoなどの質の良い格安スマホサービスに乗り換えるのが賢い選択だと思っています。

mineo AU回線プランでの3日間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、通信速度を制限しています。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。mineoの場合、各料金プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランにおける3日間制限

mineoで用意しているキャリアにおいて、Dプランを選択すると、直近72時間のデータ通信量による速度の制限は設けられていません。その日によってデータの使用量が大きく異なる方は、AUの回線プランであるAプランよりもDプランで契約を行った方が、3日制限のことを考えなくて済むでしょう。自分のデータ使用量に応じてプランを検討すると料金がお得ですし、データ使用の制限も気にしなくてすみます。

終了間近のキャンペーン詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)